BUMP OF CHICKENのPV視聴。発売前の新曲から懐かしの名曲までの大量のPV無料視聴ができます。
R.I.P. / Merry Christmas
前作「メーデー」から約2年ぶりとなる2009年11月25日発表の15thシングル。疾走感あふれるサウンドの「R.I.P.」、藤原の独特な視点で描かれるクリスマス・ソング「Merry Christmas」を両A面で収録。



【収録曲】

1.R.I.P.
2.Merry Christmas

埋め込み不可のため、YouTube上での視聴になります。
BUMP OF CHICKEN - Merry Christmas(http://www.youtube.com/watch?v=QJaareN2z00)

シングルとしては『花の名』『メーデー』以来約2年ぶりのリリースとなる。
両A面シングルとしては、2003年の『ロストマン/sailing day』、2005年の『supernova/カルマ』以来通算3枚目となる。

R.I.P. / Merry Christmas
R.I.P. / Merry Christmas

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)は、日本のロックバンド。トイズファクトリー所属。略称は「バンプ」などが用いられる(雑誌などでは頭文字を取って「BOC」と表記されることもある)。

バンド名はメンバーいわく「弱者の反撃」「臆病者の一撃」を意味するというが、ハワイ英語で「Chicken Bumps」は「鳥肌」を意味するため、意味を間違えて取られることがある(一般的な英語での「鳥肌」は、「Goose Bumps」)。Bump of Chickenを直訳するとしたら「臆病者の衝突」や「臆病者の衝撃」となる。

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - Merry ChristmasのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

R.I.P. / Merry Christmas
前作「メーデー」から約2年ぶりとなる2009年11月25日発表の15thシングル。疾走感あふれるサウンドの「R.I.P.」、藤原の独特な視点で描かれるクリスマス・ソング「Merry Christmas」を両A面で収録。



【収録曲】

1.R.I.P.
2.Merry Christmas

埋め込み不可のためYoutubeでの視聴になります。
BUMP OF CHICKEN - R.I.P.(http://www.youtube.com/watch?v=g2WpG1e2V9s)

R.I.P. / Merry Christmas
R.I.P. / Merry Christmas

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)は、日本のロックバンド。トイズファクトリー所属。略称は「バンプ」などが用いられる(雑誌などでは頭文字を取って「BOC」と表記されることもある)。

バンド名はメンバーいわく「弱者の反撃」「臆病者の一撃」を意味するというが、ハワイ英語で「Chicken Bumps」は「鳥肌」を意味するため、意味を間違えて取られることがある(一般的な英語での「鳥肌」は、「Goose Bumps」)。Bump of Chickenを直訳するとしたら「臆病者の衝突」や「臆病者の衝撃」となる。

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - R.I.P.のPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

LAMP
1stアルバム『FLAME VEIN』と2ndアルバム『THE LIVING DEAD』のあいだにリリースされた初のマキシ・シングル。このタイトルチューンでバンプ中毒になった人も多いハズの、バンドの基本姿勢を昇華した名曲。



【収録曲】

1. ランプ
2. バトルクライ
3. リトルブレイバー



1stシングル(現在廃盤)。スペースシャワーTV1999年11月度POWER PUSH!に選ばれた。なお、シングルでは『LAMP』という表記である。曲自体は全く同じ。この曲のPVの車のシーンは八王子東京自動車サービスでロケされた。2005年にジャンプフェスタで「ワンピースエリア」のBGMとして起用された。

LAMP
LAMP

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - LAMPのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

スノースマイル
ロング・ヒットを記録したデビュー・アルバムから1年ぶりに届けられたシングルは、今までのイメージを打ち破る好作品。何度でもリピートしたくなる情感あふれる本作で、彼らは新たな一歩を踏み出した。



【収録曲】

1. スノースマイル
2. ホリディ



5thシングル。また、『車輪の唄』には「ringing version」が収録されており、両バージョンともPVが製作されている。さらに、スペースシャワーTV限定で、発売当日のZepp SapporoでのライブバージョンのPVも存在する。

スノースマイル
スノースマイル

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - スノースマイルのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

アルエ (限定盤)
これほど新作を待望されているバンドを私は知らないのだが、そんな彼らのマキシは、おだやかに人を愛する悦びを唄うストレートなラブ・ソング。彼らほどひとつの音あるいはひとつのフレーズでもって、絶望するすべてのココロを奮い立たせてくれるバンドを、私は知らない。



【収録曲】

1. アルエ
2. Ever lasting lie(アコースティックヴァージョン)



再発盤の先行シングルとして2004年に7thシングルとしてリカットされた。シングルとしてリリースされるに伴って製作されたPVは、「リトルブレイバー」「ランプ」のPVや、過去のライブ映像、以前にスペースシャワーTVの番組に出演した時の映像の一部が使用されている。藤原曰く、庵野秀明監督のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する少女綾波レイに一時本気で恋した藤原が、イニシャルのR.A(アールエー)をタイトルにとり、作詞作曲した。歌詞中の少女の描写も綾波レイの特徴と一致する。ちなみに英語表記は「ARE」であり、これは「アヤナミレイ」の頭文字である。

アルエ (限定盤)
アルエ (限定盤)

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - アルエのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

LAMP
1stアルバム『FLAME VEIN』と2ndアルバム『THE LIVING DEAD』のあいだにリリースされた初のマキシ・シングル。このタイトルチューンでバンプ中毒になった人も多いハズの、バンドの基本姿勢を昇華した名曲。録音も演奏もまるで消えそうな“ランプ”のようにまだ脆弱(ぜいじゃく)だが、4人がここにいるような近い感覚が、今となっては貴重かも。また、「バトルクライ」は、どのアルバムにも未収でこのマキシでしか聴けないナンバー。



【収録曲】

1. ランプ
2. バトルクライ
3. リトルブレイバー



のちに、1stシングル『LAMP』のカップリングとしてシングルカット。この曲はインディーズ時代~2003年頃にかけてライブで歌われた際、前奏に入る前に稀に藤原基央の語り弾きが入る時があった。その歌詞の内容からファンの間で「三日月ヴァージョン」「暗闇ヴァージョン」と呼ばれているものが有名であり、その他に2001年の全国ツアーの名古屋ElectoricLadyLandでの公演や2003年の全国ツアーの赤坂BLITZでの公演でも上記の二つのヴァージョンとは異なった歌詞の語り弾きが歌われたことが確認されている。さらに赤坂BLITZでの語り弾きの入ったリトルブレイバーはラジオ放送もされている。しかしここ数年来は全く語り弾きを入れたヴァージョンは確認されていない。

LAMP
LAMP

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - リトルブレイバーのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

ロストマン/sailing daysailing day/ロストマン
都会の孤独や生きている意味を歌い続けるバンプの新曲。ロストマンは徐々にテンションがあがる曲調とフォーキーなヴォーカルがミックスし、寂しげながら将来に光明を感じるナンバー。



【収録曲】

1.ロストマン
2.sailing day



『ロストマン/sailing day』(ロストマン/セイリング デイ)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2003年3月12日にリリースした、メジャー5枚目、通算6枚目の両A面シングルである。

ロストマン/sailing day
ロストマン/sailing day

sailing day/ロストマン
sailing day/ロストマン

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - ロストマンのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

ハルジオン
独特の世界観とキャッチーに響くメロディで好評のBUMP OF CHICKEN。疾走感あふれるサウンドとバンド・グルーヴが、前作よりもさらに強調された。ファン待望の新作。



【収録曲】

1.ハルジオン
2.彼女と星の椅子



4thシングル。作詞にはツアーもはさんで5ヶ月が費やされた。全ての歌詞が完成したきっかけは、「自分(藤原)の部屋に、ブリキのジョウロが転がっている夢を見たから」らしい。ハルジオンはどこにでも生えている雑草だが、PVに登場する花は、実はハルジオンではない。タイトルは友人に急かされて決めたもので、「雑草なら何でもよかった」という話もある。

ハルジオン
ハルジオン

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - ハルジオンのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

プラネタリウム
ぬくもりのような温かみの残るサウンドは、前作『ユグドラシル』時よりさらに高みに到達した。星空を穏やかな旋律が彩り、その景色を鮮明に浮かばせる。アレンジのきめ細かさはやはり秀逸。(1)(2)とも柔和な歌声が気持ち良く響くアコースティック・ナンバー。



【収録曲】

1.プラネタリウム
2.銀河鉄道



10thシングル。アルバムの中ではリリースの時期が最も古い曲。藤原が少年時代に「夏休みの工作」で手作りのプラネタリウムを作った経験が元になっている(10年以上経った作詞当時も作り方を覚えていたという)。PV撮影は神奈川県厚木市の厚木こども科学館のプラネタリウムで行われた。メロディの断片はかなり前から存在していた。

プラネタリウム
プラネタリウム

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - プラネタリウムのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

オンリー ロンリー グローリー
初期代表曲をリカットした「アルエ」に続くシングルは、切なくも激しいメッセージが込められたファン待望の新曲。疾走感たっぷりのギター・サウンドとタイトなリズム隊との絡み合いが絶妙だ。



【収録曲】

1.オンリー ロンリー グローリー
2.睡眠時間



新作シングルとしては1年4ヶ月ぶりで、翌月発売した『ユグドラシル』の先行シングル扱い。
このシングルで、初オリコン週間1位を獲得した。 ジャケットの写真は、直井がグアムまで行って撮ったもの。

オンリー ロンリー グローリー
オンリー ロンリー グローリー

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - オンリー ロンリー グローリーのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

supernova / カルマカルマ / supernova
繊細かつ美しいポップ・ソングで、より多くのファンを獲得した「プラネタリウム」に続く両A面シングル。疾走感あふれる「カルマ」はナムコの人気RPG『テイルズ・オブ~』の新作シリーズの主題歌に決定。ゲーム内容に沿った歌詞が楽しめる。



【収録曲】

1.supernova
2.カルマ



PVは六本木ヒルズにセットを組み上げ、インターネット上で募集した数千人のファンの中で撮影された。なお『天体観測』のPVの出演者(子役)も出演している。

supernova / カルマ
supernova / カルマ

カルマ / supernova
カルマ / supernova

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - supernovaのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

メーデー
「花の名」と同時発表となるシングル。ポップかつエネルギッシュな側面をフィーチャーしたロック・ナンバーで、安定した演奏力の上に成り立つソリッドなプレイが冴えわたっている。「ガラスのブルース」のアコースティック・ヴァージョンも楽しめる。



【収録曲】

1.メーデー
2.ガラスのブルース (28 years round)



PVはシングル発売当初は発表されず、本作の発売期になって発表された。なおPVの一部が、本作のCMに用いられている。また、2008年度のSPACE SHOWER Music Video Awardsの「BEST YOUR CHOICE」部門において、「花の名」に次ぐ2位を獲得している。

メーデー
メーデー

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - メーデーのPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

orbital period
BUMP OF CHICKENの約3年4ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『orbital period』が、12/18付オリコンデイリーアルバムランキングで首位に初登場



【収録曲】

1.voyager
2.星の鳥
3.メーデー
4.才悩人応援歌
5.プラネタリウム
6.supernova
7.ハンマーソングと痛みの塔
8.時空かくれんぼ
9.かさぶたぶたぶ
10.花の名
11.ひとりごと
12.飴玉の唄
13.星の鳥 reprise
14.カルマ
15.arrows
16.涙のふるさと
17.flyby

オリコンスタイル
http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/50610/full/
全17曲の超大作となった今作は、週間首位獲得作「涙のふるさと」、「花の名」をはじめとするシングル6曲を収録。前作『ユグドラシル』からやや長いスパンで、リスナーのアルバムに対する高い飢餓感も加わって、他の強力作品を制する好調な出足となった。

花の名の無料PVを視聴する

涙のふるさとの無料PVを視聴する

orbital period
orbital period

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN、約3年4ヶ月ぶりのニューアルバムが首位発進!のPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す

車輪の唄
『車輪の唄』は、BUMP OF CHICKENが2004年12月1日にリリースした、メジャー8枚目、通算9枚目のシングルである。軽快な「車輪の唄」、ミディアムの「夢の飼い主」「スノースマイル」。ストーリー性もあって、風景が目に浮かぶ。色彩感ときらめきのある作品ともいえると思う。



【収録曲】

1. 車輪の唄(Single Edit)
2. 夢の飼い主
3. スノースマイル(ringing version)



は通常版と、DVD「ユグドラシル」のボーナストラックとして収録されているもので2種類存在する。升はブラシスティックでドラムの演奏をしている。藤原がマンドリンを使用、前奏部分のアルペジオや曲中では多々使われている。ライブでは使用できないためエレキギター主体のアレンジが施されて演奏されている。

車輪の唄
車輪の唄

BUMP OF CHICKENのほかのPV無料視聴する
BUMP OF CHICKEN - 車輪の唄のPVをyoutubeで探す
BUMP OF CHICKENの画像をGoogleで探す