GLAYのPV視聴。発売前の新曲から懐かしの名曲までの大量のPV無料視聴ができます。

95年3月の記念すべきデビュー・アルバムを再発。1stシングル「RAIN」以下、初期のシングル4作AB面を完全収録。後年に比べてロック色が強く、初々しさがファンにはたまらない。



【収録曲】

1.SPEED POP (Introduction)
2.HAPPY SWING
3.彼女の “Modern…"
4.ずっと2人で…
5.LOVE SLAVE
6.REGRET
7.INNOCENCE
8.Freeze My Love
9.真夏の扉
10.Life ~遠い空の下で~
11.JUNK ART
12.RAIN



結婚するTERUの姉の為にTAKUROが書き下ろした曲で、GLAYの中では「RAIN」に次ぐ2番目に古いバラード曲である。上京後、1990年11月に浦和のライブハウスでもこの曲は披露しているが、TAKUROが雑誌で「あの頃は東京の空気にも慣れた頃で、歌詞なんかすべて忘れちゃっていたからね」と語っている。そして、リリースに至る頃までに何度か歌詞は書き直されている。


SPEED POP

GLAY(グレイ)は4人組で構成される日本のロックバンド。1994年のメジャーデビュー以来数々の曲をヒットさせ、1990年代の日本ロックシーンを牽引してきた。代表作として、ミリオンセラーを記録した「HOWEVER」「BE WITH YOU」「誘惑」「SOUL LOVE」「Winter,again」「とまどい」などが挙げられる(ミリオンセラー作品数としては日本歴代3位)。

GLAYのほかのPV無料視聴する
GTAY - ずっと2人で…のPVをyoutubeで探す
GLAYの画像をGoogleで探す

またここであいましょう
TAKUROによる表題曲は、北国の抒情と優しさとでも言える“節”が戻ってきたキャッチーな流麗メロディ・ソング。HISASHIによるカップリング曲はロッキン・テクノな実験作で、台詞も入り(山寺“オッハー”宏一参加)、近未来オペラの様相すら呈している。



【収録曲】

1. またここであいましょう
2. GIANT STRONG FAUST SUPER STAR



作詞・曲はTAKURO。2002年2月に行われた「GLAY TOUR 2002 Special Extra Package“ONE LOVE”」にて発売前に演奏されていた。
当時のTAKUROの私生活の影響で「Way of Difference」に続き、『逢いたい』というフレーズから始まる曲であり、それはさらに次の「逢いたい気持ち」に引き継がれる。

またここであいましょう
またここであいましょう

GLAY(グレイ)は4人組で構成される日本のロックバンド。1994年のメジャーデビュー以来数々の曲をヒットさせ、1990年代の日本ロックシーンを牽引してきた。代表作として、ミリオンセラーを記録した「HOWEVER」「BE WITH YOU」「誘惑」「SOUL LOVE」「Winter,again」「とまどい」などが挙げられる(ミリオンセラー作品数としては日本歴代3位)。

GLAYのほかのPV無料視聴する
GLAY - またここであいましょうのPVをyoutubeで探す
GLAYの画像をGoogleで探す

Winter,again
GLAYらしいキャッチーなメロディーにタイトル通り冬をモチーフにした詞にを載せた大ヒットナンバー。



【収録曲】

1. Winter,again
2. Young oh! oh!
3. HELLO MY LIFE
4. Winter,again(インストゥルメンタル)



歌詞には、当時のTAKUROの作品(『SOUL LOVE』など)に顕著な、日常で滅多に使わない難しい言葉が多々用いられており、一部分はTAKUROの当時の恋人に対してTAKUROの故郷である北海道の景色を見せたいという想いが込められている。イントロは1997年公開の映画「タイタニック」主題歌、セリーヌ・ディオンの「MY HEART WILL GO ON」をTAKUROが意図して作ったという。

Winter,again
Winter,again

GLAY(グレイ)は4人組で構成される日本のロックバンド。1994年のメジャーデビュー以来数々の曲をヒットさせ、1990年代の日本ロックシーンを牽引してきた。代表作として、ミリオンセラーを記録した「HOWEVER」「BE WITH YOU」「誘惑」「SOUL LOVE」「Winter,again」「とまどい」などが挙げられる(ミリオンセラー作品数としては日本歴代3位)。

GLAYのほかのPV無料視聴する
GLAY - Winter,againのPVをyoutubeで探す
GLAYの画像をGoogleで探す

I am XXX(初回限定盤)(DVD付)
デビュー15周年当日の5月25日に41枚目のシングル「I am xxx」の発売が決定!!
『グリーン・ディスティニー』『HERO』などを手がけ、数々のヒット作を世に送り続け、本作『ラスト・ブラッド』のプロデューサーであるビル・コンより、主題歌提供の熱いオファーを受ける。



【収録曲】

1. I am xxx
2. 冬のエトランジェ (THE GREAT VACATION-extra-Live ver.)
3. I am xxx (Instrumental)
4. THE GREAT VACATION VOL.1 (予告編)



作詞・作曲を手掛けたTAKURO自身が、本作の原作となった『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の主人公サヤをモチーフに、「I am xxx」を書き下ろし、提供。本楽曲は日本だけでなく、中国、台湾、香港などのアジア圏主題歌としても決定。

I am XXX(初回限定盤)(DVD付)
I am XXX(初回限定盤)(DVD付)

GLAY(グレイ)は4人組で構成される日本のロックバンド。1994年のメジャーデビュー以来数々の曲をヒットさせ、1990年代の日本ロックシーンを牽引してきた。代表作として、ミリオンセラーを記録した「HOWEVER」「BE WITH YOU」「誘惑」「SOUL LOVE」「Winter,again」「とまどい」などが挙げられる(ミリオンセラー作品数としては日本歴代3位)。

GLAYのほかのPV無料視聴する
GLAY - I am XXXのPVをyoutubeで探す
GLAYの画像をGoogleで探す

SAY YOUR DREAM(初回限定盤)(DVD付)SAY YOUR DREAM
デビュー15周年となる2009年の第1弾シングルは、13分間にわたる壮大でドラマティックなロック・ナンバー。カップリングには、出会いと別れの季節に訪れる普遍的な感情を歌い上げた「春までは」などを収録。

紅と黒のMATADORA紅と黒のMATADORA
GLAYの2008年9月発表のシングル。映画『宿命』の主題歌やテレビ朝日系ドラマ『打撃天使ルリ』の主題歌などを収録。多面的な魅力をみせており、デヴィッド・ボウイのカヴァーにも注目だ。

VERB
“HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008”の最中に制作された楽曲をリード曲にしたGLAYのシングル。ライヴ・バンドであることを強調したグルーヴ感とハードな面を兼ね備えた楽曲をはじめ、U2のカヴァーも興味深い。

鼓動
映画『大帝の剣』の主題歌でもあるシングル。ミッド・テンポの力強いナンバーで、ストリングスやピアノなども導入し、スケール感あるサウンドとアレンジに仕上げている。カップリングも含め作り込まれた3曲ではあるものの、根底にはバンド感の確かさも流れている。

HOWEVER
2004年第1弾シングルは、テレビ朝日系ドラマ『スカイハイ2』の主題歌でもある壮大なバラード。ミディアム曲「そして、これからも」と、TERUのピアノ弾き語り曲をカップリング。



【収録曲】

1.時の雫
2.そして、これからも
3.HOWEVER (inspired by HIGHCOMMUNICATIONS)
4.時の雫 (Radio edit)



HOWEVER
時の雫


GLAYのほかのPV無料視聴する
GLAY - HOWEVERのPVをyoutubeで探す
GLAYの画像をGoogleで探す

Ashes.EPAshes.EP
2007年10月発表のシングルは、ライヴ・イベント“ROCK SHOCK VOL.4”で披露されたナンバーで、鬼気迫るパフォーマンスが味わえる。カップリングには、ビートルズ「MOTHER NATURE'S SON」のカヴァーなどを収録。