mihimaru GTのPV視聴。発売前の新曲から懐かしの名曲までの大量のPV無料視聴ができます。
アン ロック(初回限定盤A)(DVD付)
2009年9月23日発表の通算23枚目のシングル。読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『猿ロック』主題歌となる「アン♡ロック」はメンバーが原作漫画を読んで書き下ろした意欲作で、刺激的で疾走感あふれる骨太ロック・チューンとなっている。



【収録曲】

1.アン□ロック
2.Amethyst
3.アン□ロック (猿ロック バージョン)
4.アン□ロック (Instrumental)
5.Amethyst (Instrumental)

埋め込み不可のためYouTubeでの視聴となります。
mihimaru GT - アン ロック(http://www.youtube.com/watch?v=y_Wst6uNYNc)

アン ロック(初回限定盤A)(DVD付)
アン ロック(初回限定盤A)(DVD付)

mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)は、日本の音楽ユニット。ヒップホップとJ-POP(特に1990年代のダンスミュージック)を融合させた楽曲が多く、自らもそれをコンセプト "Hip-Pop" として掲げている。

mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - アン ロックのPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す


2009年第1弾となる、6月17日リリースのシングル。「Switch」は今を無我夢中に生きている人たちへ送る爽快なナンバーで、“世界卓球2009”のテーマ・ソング。全精力を注入し戦う選手の姿をイメージしたポジティヴ・ソングとなっている。



【収録曲】

1.Switch
2.Over Drive
3.Switch (Instrumental)
4.Over Drive (Instrumental)



前作以来8か月ぶりとなるシングル。初回盤と通常盤の2仕様での発売。
「Over Drive」はJUDY AND MARYのカバー曲で『mihimagic』収録の「Over Drive」とは別の曲である。


Switch(初回限定CD+DVD)


Switch

mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)は、日本の音楽ユニット。ヒップホップとJ-POP(特に1990年代のダンスミュージック)を融合させた楽曲が多く、自らもそれをコンセプト "Hip-Pop" として掲げている。

mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - SwitchのPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す

幸せになろう幸せになろう
mihimaru GTの2008年10月発表のシングルは、NHKドラマ『上海タイフーン』主題歌。さりげない優しさと温かさが伝わるハートウォーミングなラヴ・ソングだ。カップリングでは、ET-KINGとのコラボレーションが楽しめる。

泣き夏泣き夏
mihimaru GTの2008年7月発表のシングルは、SOFFetとの完全共作による初のコラボ作品。1つの事柄を2つの視点から描いたナンバーで、mihimaru GTは珠玉のバラードを、SOFFetはスインギンなポップスを表現している。



【収録曲】

1.泣き夏
2.恋の確率変動
3.泣き夏 (Instrumental)
4.恋の確率変動 (Instrumental)



泣き夏
泣き夏(初回生産限定)

泣き夏
泣き夏


mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - 泣きのPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す

ギリギリHEROギリギリHERO
2008年の第2弾シングルは、完璧なヒーローにはなれないけれど、不器用なりにでも頑張る気持ちを込めた、元気あふれる応援ソング。柴咲コウ主演の映画『少林少女』の主題歌に起用された。



【収録曲】

1.ギリギリHERO
2.恋する気持ち-acoustic ver.-
3.BOW WOW SYSTEM GO
4.ギリギリHERO(Instrumental)
5.恋する気持ち-acoustic ver.-(Instrumental)
6.BOW WOW SYSTEM GO(Instrumental)



ギリギリHERO
ギリギリHERO

ギリギリHERO
ギリギリHERO


mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - ギリギリHEROのPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す

1月14日スタートで、約30年振りに復活する人気アニメ「ヤッターマン」エンディングテーマ。デビュー時から暖めていたデモ曲を新たに創作し直し完成させた、アニメの世界観に深みを持たせる切ないラブ・バラード楽曲に仕上がりました!

I SHOULD BE SO LUCKYI SHOULD BE SO LUCKY

2007年第4弾シングルは両A面仕様。「I SHOULD BE SO LUCKY」は、TVドラマ『暴れん坊ママ』の主題歌で、カイリー・ミノーグのヒット曲をサンプリングした作品。

俄然Yeah!
ベスト・アルバムを経て発表のmihimaru GT通算14枚目となるシングル。hirokoの意気の良いヴォーカルが響きわたるサマー・ポップ・チューンで、mitsuyuki miyakeの切れ味鋭いサウンド・メイクも映えている。



【収録曲】

1. 俄然Yeah!
2. ビバケーション
3. Together
4. 俄然Yeah!(Instrumental)
5. ビバケーション(Instrumental)
6. Together(Instrumental)



mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)は、日本の音楽ユニット。ヒップホップとJ-POP(特に1990年代のダンスミュージック)を融合させた楽曲が多く、自らもそれをコンセプト "Hip-Pop" として掲げている。

今回ものりのりのアップテンポの新曲です。ベストを発売したあともかわらず元気がもらえそうですね^^PVはオフィスでの内容になってます。ぜひみてくださいね^^

俄然Yeah!
俄然Yeah!

mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - 俄然Yeah!のPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す

LOVE is...
男女二人組のユニットmihimaru GTの、セカンド・シングル。ラップとメロディアスな旋律が合体したポップス。2曲とも、ラブ・ソング。「Love is...」はmihimaru GTの女性がメロディを歌い男性がラップという役割だが、「Darlin'」は女性のラップもフィーチャーされている。



【収録曲】

1. Love is...
2. Darlin’
3. Love is...(Instrumental)
4. Darlin’(Instrumental)



「Love is...」は、テレビ東京系「元祖!でぶや」エンディング・テーマ。この曲の歌詞もPVも、離れていた男女の気持ちが一つになる、という内容。

LOVE is...
LOVE is...

mihimaru GT(ミヒマル ジーティー)は、日本の音楽ユニット。ヒップホップとJ-POP(特に1990年代のダンスミュージック)を融合させた楽曲が多く、自らもそれをコンセプト "Hip-Pop" として掲げている。

mihimaru GTのほかのPV無料視聴する
mihimaru GT - Love is...のPVをyoutubeで探す
mihimaru GTの画像をGoogleで探す