東京事変のPV視聴。発売前の新曲から懐かしの名曲までの大量のPV無料視聴ができます。


東京事変、5 枚目となるアルバム『大発見』を6 月29 日にリリース!
タイトル「大発見」を制作コンセプトに個性豊かなメンバー各々が未開の扉を開け、新境地を感じさせる珠玉のニュ ーアルバム。
CMタイアップ曲「空が鳴っている」<グリコ・ウォータリングキスミントガムCM曲>、 「女の子は誰でも」<資 生堂マキアージュCM曲>、
「新しい文明開化」<東京メトロCM曲>、昨年配信のみでリリースした「天国へようこそ」「ドーパミント!」の新録バージョン他、
ボーナストラックを含む全14曲収録。



【収録曲】

1.天国へようこそ (For The Disc)
2.絶対値対相対値
3.新しい文明開化
4.電気のない都市
5.海底に巣くう男
6.禁じられた遊び
7.ドーパミント! (BPM103)
8.恐るべき大人達
9.21世紀宇宙の子
10.かつては男と女
11.空が鳴っている
12.風に肖って行け
13.女の子は誰でも
14.天国へようこそ







東京事変のほかのPV無料視聴する
東京事変 - 新しい文明開化のPVをyoutubeで探す
東京事変の画像をGoogleで探す

能動的三分間
「キラーチューン」以来約2年ぶりとなる6thシングル。デビュー10周年を過ぎてますますその個性をエネルギッシュに保つ彼女のヴォーカルも光るタイトル・チューン「能動的三分間」と「我慢」を収録。



【収録曲】

1.能動的三分間
2.我慢



「能動的三分間」(のうどうてきさんぷんかん)は、日本のバンド東京事変が2010年に発表予定の4作目のスタジオ・アルバムのためにバンドのボーカリスト椎名林檎によって作曲された楽曲。プロデュースを東京事変が行っており、楽曲はアルバムからのリード・シングルとして2009年11月17日にリリースされた。楽曲は日本レコード協会による公式DLチャートRIAJ有料音楽配信チャートには18位で初登場している。

能動的三分間
能動的三分間

東京事変(とうきょうじへん、英表記:Tokyo Incidents)は、椎名林檎を中心に結成された、日本の5人組バンドである。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music。

東京事変のほかのPV無料視聴する
東京事変 - 能動的三分間のPVをyoutubeで探す
東京事変の画像をGoogleで探す

椎名林檎がバンド名義・東京事変として放つシングル第2弾。前作「群青日和」と同様、オリジナル2曲の間にポピュラー・カヴァーを挟んだ3曲入り。亀田誠治らメンバーの腕前にも注目したい。

2006年1月発売のアルバムに先行するマキシ・シングル。タイトルこそ物騒だが、東京事変はメロディ・メイカーとしての彼女の揺るぎない資質を痛感させられるファンキーなポップ・ソング。

軽やかにスウィングしていくバンド・サウンド、凛とした緊張感と大らかな開放感を描き出していくヴォーカル。2007年の第2弾シングルは、伊澤一葉(鍵盤)の作曲によるジャジィ&ダイナミックなナンバー。椎名林檎の官能的ダイナミズムとでも言うべき歌が気持ちいい。

ベースを担当する亀田誠治の作曲による東京事変の6thシングルはDVDでのリリース。ストレートな思いが凝縮したポップ・ナンバーのタイトル・トラックをはじめ、児玉裕一監督によるビデオ・クリップ3編が楽しめる。

OSCA
椎名林檎による作詞と歌唱、そのほかのメンバーによる作曲と、役割分担を徹することでさらに色濃い楽曲が完成。展開の速いワイルドなロック・チューンとなっている。振り幅の広い作曲センスには感服だ。



【収録曲】

1. OSCA
2. ピノキオ
3. 鞄の中身



PVにはイデビアン・クルーのメンバーが出演。通常のPVのほかに、ダンス中心のものと演奏中心のものがある。タイトルの「OSCA」はイタリアのスポーツカー「O.S.C.A」から拝借、歌詞の内容はだらしない男について歌っていると語る。なおアレンジ自体はデモテープとは変わらないと言う。PVはblurのCrazy Beatのパロディ的なもの。

さすが椎名林檎といった感じのナンバーになっています。椎名林檎の独特のワールドに引き込まれる感じがしますよね。ほんと歌のセンスには脱帽です。カラオケじゃ絶対歌えないですね笑。

OSCA
OSCA

東京事変(とうきょうじへん、英表記:Tokyo Incidents)は、椎名林檎を中心に結成された、日本の5人組バンドである。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン/Virgin Music。

東京事変のほかのPV無料視聴する
東京事変 - OSCAのPVをyoutubeで探す
東京事変の画像をGoogleで探す